講師紹介/profile

 

 

林 美和 
薬膳中国茶サロン 和桃李 代表
東京都出身
旅行業・営業を経て妊娠をきっかけに退職致しました。
出産後は主婦として、3児の母として生活、会社務めの頃、インドのアーユルヴェーダやアロマテラピーに出会い、自然療法に興味を持ち資格取得、気学や四柱推命も趣味で勉強致しました。物心ついた頃から、精神世界のことに興味があり慣れ親しんできました。それらを日々趣味として生活に取り入れてきました。
現実と見えない世界のバランスを取ることが大切だと思い、本来の自分になるためのヒーリングもしています。
40代で子育て中に薬膳と中国茶に出会い、仕事にしたいという熱意で資格取得・開業し、夢は『おばあちゃんの知恵袋』・『魂の総合病院』です。

 

E85E8226-3EF5-4BBA-BF67-486FB0E8F4A1.jpeg

 

薬膳と出会い、心と身体はつながっている・自然環境もつながっているという中医学の教えに目が見開くような思いがしました。当たり前のようにしている食事ですが、私は薬膳と出会って、食材選びの幅が広がりました。季節や体調・美容など目的に合わせて食材を選び、レシピを考えることができるようになりました。薬膳の考えには食材にも寒熱だったり、どんな作用どこの臓器に効くといった様々な働きがあります。なんとなくだるいとか病院に行くまでもない不調や、いつも疲れると同じ症状がでて、それが体質と思っていた心や身体のことで実はちゃんと原因があるいうことを薬膳を通して知ることができました。そして、そのような中医学の世界が興味深く、もっと知りたいひろめたいと学び続けていくうちに心や身体の小さな疑問が、一つ一つストンと腑に落ちることが多くありました。自分の身体や心を知ることは健康で元気に美しく生きる知恵が、もうひとつ増えるのではないかと思っております。そして、日々薬膳茶を飲む中で、中国茶の世界とご縁ができ薬膳料理と中国茶のお茶会のためのサロンを開くことにいたしました。全てを学ぶには、前世も来世もあっても足りないのではないかというほど奥の深い薬膳と中国茶ですが時に調理をしたり、時においしい中国茶をいただいたり、ご一緒に過ごさせていただけたら幸いです。

薬膳中国茶サロン 和桃李

薬膳フードデザイナー

 林 美和